アンチエイジングにいい成分としては、以下のものが代表的です。 ・コラーゲン ・ヒアルロン酸 ・エラスチン ・ビタミンC ・セラミド このような成分を意識して摂取することによって、アンチエイジング効果を得ることができるでしょう。 コラーゲンは肌の弾力や保湿を向上させるのに有効な成分で、30代から徐々に減少していくといわれています。 鶏の軟骨や牛すじ、すっぽん、鶏の手羽先、フカヒレといったものに多く含まれていることで有名ですね。 ヒアルロン酸は肌の水分を保持するのに必要不可欠な成分で、不足してしまうと肌が乾燥しやすくなったり、傷の修復が遅くなります。 鶏のトサカなどに多く含まれていますが、食べ物からはなかなか摂取するのが難しいので、サプリメントを利用された方が良いでしょう。 エラスチンはコラーゲン同士を支える働きを持つ成分で、これが不足するとたるみやシミが出てきます。 コラーゲンを含んでいる鶏の手羽先やフカヒレなどにエラスチンも含まれていますから、積極的に食べるようにしたいものです。 ビタミンCは美肌効果の高い成分として有名で、肌の老化を遅らせる働きがあります。 アンチエイジングには欠かすことのできない成分なので、サプリメントや野菜、果物などで補ってください。